ニキビなんて嫌いなのに

10代の頃からニキビができるようになりました。
10代の若い時はおでこにニキビができることが多かったです。
そして、20代になってからはホッペに出るようになりました。
それで、最近は顎にも出るようになってきました。
おでこやホッペのニキビはつぶれたり、芯を出すとニキビは治っていくのですが、顎のニキビはなかなか治りにくいです。
ニキビなんて嫌いなのに
気を付けているんですが、ニキビってできちゃうんですよね。
たぶん、私の場合顎にニキビができるのは洗顔が下手だからだと思うんです。
顎や首のあたりも、ファンデーションは塗るのにメイク落としをするときも顔の中心ばっかり意識して洗って、ついつい顎ラインを手抜きしてしまってるんだと思います。
そして洗顔のとき、水やお湯でうまく洗い流せてないのだと思います。
顎ラインを綺麗に洗おうとすると、どうしても首回りがビチョビチョになって水が首をつたってインナーや服が濡れちゃうので、そうなるのが嫌なので顎のあたりは短時間で洗っちゃうのでダメなんですよね。
しかも、私は考え事をするときやテレビを見ているとき顎を触る癖があって、その時ニキビをつまんじゃうのでニキビの治りが悪くなっちゃうんですよね。

また、何かで読んだのですが顎のニキビはホルモンバランスが崩れていると出やすいって書いていた気がします。
確かに、冷え性だし健康を意識して生活していないのでホルモンバランスも崩れちゃってるかもしれないので、これからはもっと健康に気をつけて、なんとか顎ニキビ 解消したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です